読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛毒に中毒

タカへの内容の無い手紙

しあわせなこと

ライブ初日まで1週間を切った。


増田さんのソロが聴ける。

ちょっと怖い。


アルバムを聴いているけれど、増田さんのソロ以外がなかなか入ってこない。そこにも増田さんの声はあるのに興味を持って聴けない。今までだったら歌詞カードとにらめっこしながら何度も聴いて覚えていったのに。そんな気が起きない。聴いては、いる。聴いているのに入ってこない。

そしてやっぱりほとんどの時間をFOREVER MINEに費やしている。音をかけていないときにもずっと頭の中で増田さんが歌っている。



あなたが「歌を歌いたい」と思ってソロ曲にしたバラード。

私がずっとずっと聴きたいと思っていたバラード。

偶然にも一致してしまった今回のライブ。

そこで聴いたとき、その歌声に私が満足したとき、その後の私はどうなるだろう。

ちょっと怖い。

増田貴久の歌に満足したとき。

私の中での最高点に達してしまったとき。

今でさえ、この曲だけあればいいと思うときがある。これだけがあれば生きていける、何もいらないと。あんなに待っていたテゴマスであっても。

ライブで聴いて満足してその後。

それ以上あなたの声を追うことをしなくなってしまったら。もうこれ以上の声を取り込みたくないと思ってしまったら。


あなたから離れてしまうかもしれない。


私はいつも悪い方へばかり考えてしまう。

自分の悪いところだとわかっている。

なのに変えられない。




最高の歌声を聴けることはしあわせなこと。


あなたの胸では

頑なだった私の心が、

あなたの腕の中で

溶けていくように。


しあわせのあとにも幸せがあるといい。