読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猛毒に中毒

タカへの内容の無い手紙

一緒に

ライブは生もの

ということを考えようと

テゴマスの青春 ブルーレイ ディスク2を見てみた。


手越さんがこんな感じのことを言っていた。

100回やったら100回違う演奏になる。

ノーミスはあり得ない。

何度も見ていた映像なのに、やっとその意味を考えられた。



そういうことなんだね。

毎回違って ミスも出る。

そのときの「生」で感じるもの。

その場を楽しむもの。


前にWHITEのDVDが出るとき、シゲがラジオで「ライブだから本当はDVDにはできない」というようなことを言ってた。

「生」で現場でしか見られないもの。現場で一緒に楽しむ。持って帰って 何度も見るものではない。



なんとなく わかったよ。

完璧を求めるのは違うんだね。

ライブでもノーミスを求めていた。

ノーミスの「生」があればいいんだろうけど、それは難しいということだね。


そのとき その場を楽しむもの。

頭ではわかっていても、実際に会場に行ったら「生」を楽しむことができるかな。


それは そのときになってみないと、わからないよね。

ねぇ増田さん

そのときは いつになるだろうね。

楽しみだね。