猛毒に中毒

タカへの内容の無い手紙

637

増田さん

明けましておめでとう。


京セラでの単独カウコン観ました。

始まる前、なんだか緊張したよ。そして、始まってから三曲目くらいまでは固まって見ていた。身動き取れずにただ増田さんを見ていた。そのあと、ハッと我に返りやっと声が出せた。

なんかね、久しぶりに顔を見たなーって思って 笑。当たり前だよね。



歌って踊って走って。

笑って泣いて。

ふざけたり真面目だったり。

柔らかくふわふわして。

凛々しく精悍で。

いろんな増田さんが見られた。

終わってみると「力強い」という印象が残った。そして大人っぽいとも感じた。それはセトリから感じるものなのかもしれないけど。それでもやっぱり増田さんが変わったのかなと思う。


2日の日に更新された◯◯を読んで、やっぱりドームにこだわりがあって、こだわりのキッカケはそこなのかなぁって思った。そこがあったから、余計にこだわるようになったのかなって。

4人になって 7年経つのに、事あるごとにあの時点での話が出てくる。よっぽど悔しくて、とっても越えたいんだろうね。


私の中では、増田さんは以前の増田さんを越えたよ。今回、増田さんのソロ曲を聴いた後の余韻が凄くて次の曲が耳に入ってこなかった。聴こえているのに、聴こえていない感じ。これは初めての体験だった。体の中が歌声で満たされているかのようで、日付が変わった深夜の大阪の帰り道を、その曲を口ずさみながら帰った。


NEWSが4人で京セラドームに立つ姿を見られてよかった。

単独でのカウントダウンライブで歌う姿を見られてよかった。

そして、大好きな「増田貴久の歌」が聴けてよかった。

行きたいと思って、行けてよかったなぁと思う。

EPCOTIAも味スタも行ってないけど、不思議とそれは後悔していない。きっと今が増田さんの声を聴くタイミングだったんだと思う。





637日ぶりに聴いたあなたの声は今も耳に残っていて、時折り思い出しては幸せな気持ちで満たされる。


きっとこの日のことを忘れることはない。


やっぱり歌って踊る増田さんは最高だったよ。





教えてくれた人

京セラでの単独カウコンまであと一週間を切った。

絶賛リハ中かな?


ずっとNEWSの単独カウコンをみる事は夢だった。やって欲しいお仕事のひとつだった。だから、あのメールを見た時は心臓が跳ね上がった。そして、これだけは行きたいと思った。EPCOTIAも味スタもそんな風には思わなかったのに。

増田さんを見たいという思いではなく、NEWSの一つの節目として、NEWSが一つ階段を上がる節目として見ておきたいと思った。

そして、増田さんの歌がどうこう言うような見方をする訳ではなく、純粋にNEWSを楽しむ事が出来ると思えたから行こうと思った。



以前の私はライブに行く時、増田さんの歌を評価しに行ってたんだと思う。それこそ発表会を見に行ってた。ライブを楽しむという事をしていなかった。それが自分を縛り苦しくなって増田さんから、NEWSから離れた。

その後、離れている間は他のグループやJr.を見に行っていた。


その時にあるJr.の人に出会った。


彼は自分たちアイドルの事を雑誌で

「エネルギーであって全てではない」

と言っていた。

更に「他に楽しいことを見つけて」と。

衝撃だった。それは私が今までしていた事を否定されたようで。増田さんに固執し、毎日の全てにしていた事を。

彼は自分のアイドル像を持っていてその信念を貫いていた。アイドルは「チャラチャラしていて楽そうでいい」と思われるのがいいと。「頑張ってないね、アイドルだから」と言い、「白鳥のようなアイドル」を目指すと宣言した。努力は見せないという信念。裏側を見せない増田さんに似てるなぁと思った。

彼は努力を見せないけれど、とても努力しているんだろうと思った。ライブに行くと「荒削りですが」と言っていた。努力して、尚、上を目指しているのが伺えた。

増田さんと違う所は、パフォーマンスにおいての自分のダメな部分も見せている。見せて認めて発言する。

そこはJr.の立場としての甘さなのかもしれないけど、単純に「ライブは生もの」というのを見せてもらった気がする。


Jr.の彼を見ているうちに、いろいろ気付かされた。増田さんに固執して全てにしているから苦しいんだ。少し力を抜こう。

評価して、努力を認ずにいないで、努力されているからこその良い部分を見つめよう。

そんな風に思えたから、NEWSのライブに行こうと思った。だから、アイドルとしての考えを教えてもらえた彼には感謝している。信念を持つ姿を尊敬しているので、応援していきたいと思う。

たとえ退所が発表されていても。

退所した後も応援しようと思う。

彼が次に選ぶステージを見届けるために。


こうして事務所を退所するという事に直面して、デビューするという事がどんなに大変で貴重な事かわかった。

テレビで歌って、CDをリリースして、ライブをして。どれもが当たり前ではなかった。

増田さんがよく言っていた「続けること」の意味を再確認した。



ライブで歌が聴ける

それも、今回は特別なステージ

そんな貴重な時間

心の底から楽しもうと思っています。


増田さん

楽しみにしているよ。






温かい手に

増田さん


「ずっと一緒さ」聴きました。




何だろなぁ、やっぱり無駄な抵抗だったなぁと思ったかな。


最後に増田さんの歌をライブで聴いてからこれまでの一年半以上の間、「増田さんが好き」という気持ちは意識の外側に置いてきた。その気持ちを遠くに置いておいて、自分は増田さんから離れた場所で増田さんを眺めていた。

なんかね、疲れちゃってたんだよね。

外野の声とか、周りの騒音とか。あとは自分の気持ちを持て余してた。少し離れてみようと思った。だから、NEVERLANDの札幌はこれが最後と思って入った。

それからはテレビで増田さんを見るだけだった。雑誌もラジオもやめた。そして、他のグループのライブに行ってた。若手のグループ二つとJr.のライブや舞台を見た。

そして増田さんの事は「前に好きだった人」と思って見ていた。今思えば、わざわざそんな風に位置付ける事自体がおかしかったよね。それでも凄く楽にフラットに増田さんを見る事ができた。


そんな状態にも慣れてきたとき、少プレの2日前に◯◯を読んだ。その時、素直に「あぁリアタイしよう」と思った。そして金曜日を楽しみにして、その日はテレビの前で一人でじっと待った。



やっぱりね「増田貴久の歌」好きだなぁとつくづく感じた。何度聴いても涙がでたよ。

どんなに遠ざけても、離れてみても無駄な抵抗だった。一瞬で引き戻される。なんでこんなに惹かれるのか不思議に思う。


だからね、もう諦めたよ。

抵抗しても嫌いにはなれなかった。

増田さんが好きなんだと認めないとね。

好きという気持ちだけでいいんだなと思う。

あとは何もいらないんだよね。


たぶん大丈夫。

フラットに見ることを覚えたから。

以前のように執着することはない。

あれもこれも全部とは思わない。

そうやって見ていこうと思う。

ただ今まで離れていた場所から一歩だけ前に出てみようかな。

ただ好きって気持ちだけを大事に。



ずっと一緒さ

初めて聴いた曲でした。

「つないだ手の」が一番好きだったよ。

増田さんにとって温かい手になれるようにしたいなと思った。





増田さん

歌ってくれてありがとう。

やっぱりあなたが大好きだよ。








追伸

この日まで4年掛かったよ。

コラボという形だったけど。

完全なユニットではなかったけど。


それでもいいよ。

何も無いより。




FNS歌謡祭を見始めてすぐにタイムテーブルに見つけたユニット名。

1月のシングルとDVDのリリース情報を見て来年は15周年でNEWSでの活動メインなんだろうなと思った。これでまたユニットは動かないんだなぁと。そう思っていた矢先だった。

まさかこのタイミングで「テゴマス」を聴けるとは。

FNSにテゴマスで出演したからと言って活動するとは限らないんだけどね。ちょっとでもテゴマスを感じられて嬉しかったよ。欲を言えば2人の、2人だけでの歌声を聴きたかったな。


もう書くつもりはなかったのに

いろんな事があって嬉しかったよ

ってただ伝えたかった。

4年間待っていたものを少しでも見られて胸がいっぱいです。




いまは増田さんから離れているけど

遠くから眺めているよ。

優しい気持ちで。

いつまでも。









終わりに

このブログを始めたのは、増田さんに伝えたいことがたくさんあったから。

伝えたいことが伝えられたと思ったらやめるつもりで始めた。

 

この1年と少しの間、毎日増田さんのことを思って書いてきた。

最初はもっと頑張ってと、もどかしい思いで書いていた。それからこういうところを頑張ってと、こういうところよくないと思うと書いてきた。でもそれは自分の正義を掲げた攻撃だったのかもしれないね。自分の攻撃を正当化するために、あなたのことが好きだから書いていると言っていたのかもしれない。

増田さん ごめんね。

私は自分勝手だったね。

あなたを好きで好きでいろんなことを思っていたのは本当だよ。

 

 

今回、増田さんのFOREVER MINEを聴いてもう大丈夫と思った。

いや、それ以外の曲もそうだった。

NEVERLANDの札幌公演で聴いたあなたの歌は、もう私が何か言うものではなかった。何のストレスもなく心地よく聴いた。何度も何度も涙が出そうで堪えながら聴いていた。泣いてしまうとあなたの歌声を聞き逃しそうで。それに加えてダンスや、ちょっとした動作も全てが私の大好きな増田貴久だった。

表情も多彩だったね。凛々しい顔。柔らかい笑顔。優しく見つめる顔。感極まった顔。今回特に怪しく微笑む増田さんに魅せられたよ。

いろんなあなたを目に焼き付けた。

 

私はあなたに執着して攻撃して正当化してきた。それがやめられるよ。

もう大丈夫。

今回のライブを見て心からそう思えた。

あなたは私の救いの場所になっているよ。

いつもなら、まだツアーは続いているからまた見に行きたくなっていた。それが今回はない。最高の増田さんが見られて満たされた。これ以上は望まない。目に焼き付けた増田さんがあれば充分です。もしこの先NEWSのライブを見られないとしてもいいくらい。

 

 

だからこれであなたへの手紙は最後にします。

 

 

あなたに届いたのかわからない

400通の手紙。

今は届いていなくても

何ヶ月、何年後でもいいから

届きますように。

ありがとうの気持ちと一緒に。

 

 

 

                                                                   敬具

 

2017.4.3

 

 

増田貴久様

 

愛を込めて

 

 

 

 

永遠にあなたのもの

NEVERLAND札幌2日目

お疲れさまでした。


1日2公演という日に見たのは初めてです。今日は夜の方を見たよ。すでに1公演を終えているとは思えないパワフルさでしたね。


今回のライブで印象的だったのは、リフターで上に上がっている増田さんが自分にライトが当たっていないときには下のステージを見ていたこと。客席を背にしてステージのジュニアを見ていたね。自分にライトが当たるときには振り返って客席に向かって歌っていた。それは、昨日も今日も。同じ曲で。

その様子を見て、こういうところが俯瞰で見る目に繋がっているのかなと思ったよ。その目で作られた衣装の数々、とってもステキだね。これもまた公演を重ねる度に手が加えられるのかな。やっぱり1曲目の衣装と演出が1番好きです。1曲目は非日常性が1番出るなぁと思う。



今日増田さんのFOREVER MINEを聴くとき、これが最後なんだなと思って聴いた。もうこの曲を生で聴くことはないだろう。ずっと覚えておこうと思ったよ。

シンプルにあなたの声を感じられるこんな機会はなかなかないから。

気がつくと頷きながら聴いていた。とても幸せな時間だった。

もっとずっと聴いていたかった。

心を奪われるってこういうことかな。





1箇所目が無事に終わったね。

ツアーは始まったばかり

これからも

いい歌、歌ってね。